2013-14年度 ガバナーメッセージ

「2013-2014年度」
国際ロータリー第2820地区
ガバナー 長谷川 國雄

 ロータリアンの皆様には、日頃より、クラブの内外におかれましてロータリーの活動にご尽力いただいており、心より感謝申し上げます。
 はじめに、本年度RI会長であるロンD.バートン氏の掲げられた『ロータリーを実践しみんなに豊かな人生を』というテーマをお伝えします。
 ロンD.バートンRI会長はこのテーマを選んだ理由として26年前の国際協議会にガバナー・エレクトとして参加した際に、ポリオ撲滅というロータリー史上初めての募金キャンペーンが始まったという経験があるとおっしゃっています。そして今日多くの寄付が集まったのは寄付をお願いしたからであり、誰かに何かをして欲しい時には相手がそれに気がついて自発的に行動するのを待つのではなく、まずお願いするということが理にかなっているとされ、ロータリアンが関われば、またロータリアンが積極的になれば、人々の人生を豊かにできるとおっしゃっています。
 私たちロータリアンの土台は「奉仕・親睦・多様性・高潔性・リーダーシップ」という中核的価値観です。これらの価値観こそが、ロータリアンとして私たちを定義づけるものになります。私たちは、これらの価値観に従って生き、地域社会にこれらの価値観を広めようと日々努力していますし、これからも努力していかなくてはなりません。
 そして、ロンD.バートンRI会長が今年度のテーマを掲げるきっかけとなり、ロータリアンが長年目標にしてきたポリオ撲滅がかつてないほど実現に近づいている今、私たちは、ロータリーの歴史における一つの章の終わりのページを書くとともに「未来の夢計画」の実施年度が始まることによって新たな章の第一ページを書き出そうとしています。
 ロンD.バートンRI会長が掲げられた今年度のRIの運営目標は次のとおりです。

Ⅰ.ロータリーの重点分野

  ① 平和と紛争予防/紛争解決
  ② 疾病予防と治療
  ③ 水と衛生
  ④ 母子の健康
  ⑤ 基本的教育と識字率向上
  ⑥ 経済と地域社会の発展

Ⅱ.RI戦略計画のビジョン

  ① クラブのサポートと強化
  ② 人道的奉仕の重点化と増加
  ③ 公共イメージと認知度の向上

Ⅲ.RI戦略計画の中核となる価値観

  奉仕・親睦・多様性・高潔性・リーダーシップ

Ⅳ.会員増強

  会員数120万人を2015年までに130万人まで増加

 

 私はこの運営目標を達成するため、今年度の地区のテーマを『新しい奉仕活動への挑戦』とさせていただき、次の地区目標を掲げさせていただきました。

1.ロータリー財団の幕開け
  (未来の夢計画実施年度のスタート、中・長期計画)
2.会員増強と退会防止
  (各クラブ純増1名以上)
3.ポリオ撲滅
  (残るは、アフガニスタン、ナイジェリア、パキスタンの3ヶ国)
4.会長賞にチャレンジ
  (会員増強の推進、ロータリー財団を通じた人道的奉仕の充実、ロータリーファミリーを通じたネットワークの強化)
5.公共イメージと認知度の向上
6.ロータリー財団の寄付目標 1人150ドル
  (内訳 ロータリー財団 130ドル、ポリオ・プラス 20ドル)
  ベネファクター 1,000ドル 各クラブ1名以上
  米山記念奨学会 寄付目標 1人25,000円以上

 本年度、クラブも地区も『新しい奉仕活動への挑戦』を目標に活動し、『ロータリーを実践し』ロータリアンの関わるところ『みんなに豊かな人生を』もたらしていけますよう、皆様とともに手を携え歩んで行きたいと存じます。ご支援とご協力を宜しくお願い致します。